築100年200年とかいうような古い家は、囲炉裏や薪ストーブの煤で黒々となった太い梁はとても魅力的です。

それらを活かした住まいづくりをしませんか?

壁は珪藻土や漆喰で仕上げることでより趣が増します。

古民家にはデメリットもあります。 断熱気密の事など考えて作られていないので、断熱気密性能を上げることがとても難しいのです。 また、現在の基礎の基準を全く満たしてません。 耐震性の上げるための耐震補強は必須です。

不必要な部分の解体から仕上げまで、責任も持って施工します